スマートシティとして注目されるNordhavn

Smart City

スマートシティ 2017-Current

(日本語は下にあります)

What is “Smart City”? When it comes to Smart City, some might think about internet connectivities, IoT, 5G, optical network and other technical side of the urban development. However, Smart City in Scandinavia is more humane as city is where people with fresh blood and bone live. Scandinavian Smart City is often characterized as “smart” urban development from sustainability perspective. In other words, “Smart City” is about improving quality of life and about creating Livable City with the help of advanced technology.

This doesn’t mean that ICT does not play an important role in the “Copenhagen, Stockholm and Helsinki Smart Cities”. On the contrary, computer controlled smart grids (next-generation power grid) have prevailed all over the city area, smart meters have penetrated into private homes and offices, and traffic congestion control system with smart signals has implemented widely.
In Scandinavia, where ICT has already embedded in every corner of life, the “smart” network and communication are blended into daily city life. All the more, Scandinavian cities value more on Soft part of the city.

The Involvement Digital Design Method, Living Lab, is also used heavily in Scandinavian smart city initiatives. In Scandinavia, living labs are deployed to understand how technology could be integrated into every day infrastructure of people’s life. The sociological perspectives for technology developments have become more and more important, and this is what Smart City in Scandinavia have been sought for and what Living Lab can contribute to.

スマートシティ」とはどのような街をいうのでしょうか。日本では、スマートシティというと技術的な視点、例えば5Gや光ネットワークなどが注目されがちですが、デンマークコペンハーゲンのスマートシティは、サステナビリティの視点からの「スマート」な街づくりが特徴的です。デンマークの人たちにとって「スマートシティ」は、生活の質向上が第一。しかしながら、ICTがその「スマートシティ」に重要な役割を果たしていないのかというとそうではありません。スマートグリッド(次世代送電網)と呼ばれる電力のコンピュータ制御が進んだり、各家庭へのスマートメータが浸透していたり、スマート信号による渋滞制御が進んだり(Tradeshift:スマートシティの事例紹介)。生活の隅々にまでICTが浸透しているデンマークでは、ネットワークや通信の「スマート」は空気のように生活に溶け込んでいます。だからこそ敢えて言及されないとも言えるかもしれません。

私が関わるLiving Lab/リビングラボは、スマートシティにも活用されています。北欧ではリビングラボは、どうテクノロジーをインフラや日常に組み込んでいくかという文脈で使われています。ITが社会にこれだけ広まっている現在、技術ドリブンで動かすのではなく、より一層社会学的視点をもって、スマートシティを進める、つまり参加型デザインやリビングラボといったデザインアプローチを活用して、スマートな街づくりを進めていくことが重要です。

RELATED ARTICLES/スマートシティ関連記事