Living Lab Consortium

リビングラボコンソーシアム 2020-Current

—————————–

(日本語は下にあります)

The Japan-Nordic Living Lab Consortium is established as research and innovation Center on Living Lab in Scandinavia. The Consortium provides the latest information on Scandinavian living labs, social innovation and participatory innovation in Scandinavia through collecting, analyzing, sharing and discussing with Scandinavian researchers and practitioners. The Consortium will conduct international living lab demonstration involving industry, public organisations, and academia in Scandinavia settings. We aim to bridge two regions and contribute to the development and knowledge sharing of Living Lab practice among stakeholders.

Name:Japan Nordic Living Lab Consortium
Location:Roskilde University
Establish:2020.

Supporters (TBA)
Roskilde University

Secretariat
JAPANORDIC

日本企業・大学のリビングラボ研究拠点として、北欧にジャパン・ノルディック・リビングラボコンソーシアムを設立いたします。

同コンソーシアムは、北欧でイノベーションを生み出す場として認知されている先進的なリビングラボに関する最新情報や推進ノウハウの収集・分析・共有・議論、北欧の場を活用した産官学民を巻き込んだ国際実証実験を通じて、日本におけるリビングラボの実践展開に貢献することを目指します。北欧の大学や研究者、地方自治体と連携し、高品質かつ情報量を確保し、関係者間の知識の共有や創造を可能にします。

名称:Japan Nordic Living Lab Consortium
主な拠点:Roskilde University
設立時期:2020

後援 (TBA)
Roskilde University

事務局
北欧研究所 Japanordic

RELATED ARTICLES/記事

  1. M.Yasuoka, Living Lab, Theory. Yasuoka.dk